Googleデータスタジオベータ版を使ってみた

f:id:iphonelife:20161013174410p:plain

Googleがレポーティングツール「Googleデータスタジオ」を一般ユーザー向けに公開しました。

筆者が最近作った実験サイトのデータをベースに作ってみました。

 

テンプレートを選択します

f:id:iphonelife:20161013170502p:plain

今回は、テンプレートを使って作って行きたいと思います。

Acme マーケティングというテンプレートを選択します。

新しいデータソースを作成する

f:id:iphonelife:20161013170734p:plain

「新しいデータソースを作成する」から、GoogleAnalyticsのデータを引っ張ってきます。

f:id:iphonelife:20161013170931p:plain

「Googleアナリティクス」→「承認」→「許可」

この順序で、GAのデータを紐付けることを許可します。

f:id:iphonelife:20161013171338p:plain

そうすると、引っ張ってくるGAデータを選べるようになります。

引っ張ってくるデータのビュー選択後、接続を選択しレポートを作成するまで進むと自動でレポートが作成されます。

自動生成されたレポートを編集することもできます。

f:id:iphonelife:20161013171703p:plain

このような形でレポートがテンプレートに沿って自動で置き換わります。

ここから、不要なデータの削除や追加をすることもできます。

f:id:iphonelife:20161013171919p:plain

右上の編集を有効にすることで、編集モードになります。

テンプレートのレポートに少し変更を加えてみた

f:id:iphonelife:20161013173832p:plain

雑ではありますが、円グラフや表、任意のテキストを追加することができます。

(※流入キーワードのデータはぼかさせてください。)

このGoogleデータスタジオを使うことで、GAを見ながらパワーポイントにデータを移して といった作業の軽減になることでしょう。

個人的には、簡易的なレポートの提出には向いているかなと思います。

より、具体的な解析レポートは自分のフォーマットで作った方が融通も効くし時間的にも早いかもしれませんね。

所々はしょりながらでしたが、毎度レポート作成が憂鬱なweb担当者は一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

広告を非表示にする