読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スポンサーリンク

チンパンでもわかるWordPressとはなにか?

はてなブログ

f:id:iphonelife:20161116155913p:plain

WordPressって何か?というのは腐るほどネット上に解説があるが、正直いってわかりにくいと思う!

自分も実際そうだった!

チンパンジーでもわかるWordPressとは何か。

いやまてよ、チンパンジーってそこそこ賢いで。

さて、WordPressを使おうと思っていても、どうしたら良いのかわからないあなた!

安心してください、絶対わかりやすいですから。(フラグ

 

そもそもWordPressとは何か

f:id:iphonelife:20161116164217j:plain

WordPressはホームページ、ブログを構築できるアプリのようなものです。

これは無料かつ、高機能でサイトデザインのテンプレートも豊富ですし、プラグインという追加アプリを入れていくと、プログラミングスキルが無くても素人が作ったとは思えないサイトが手軽にできちゃいます。

おまけに、ホームページビルダーのようなソフトはいらず、ネットさえ繋がっていればどこでもサイトの更新ができます。

非常に柔軟性が良くて、Googleもおすすめしているアプリです。

WordPressを使うにはどうするのか説明していきましょう。

WordPressはアプリであると考えよう

WordPressというのは、ホームページやブログを構築できるアプリと想像しましょう。

アメブロやはてなブログはとはまた違います。

WordPress → アプリ

はてなブログ → ブログサービス

まずこれを前提にしていきますよ!

WordPressアプリをインストールできる環境を用意する必要がある

WordPressを使いたければ、無料のアプリをダウンロードしてインストールする必要があります。

それはどこへインストールするのか?

「サーバー」です。

はてなブログと違って、自分でブログシステムをインストールして環境を用意するのがWordPress

f:id:iphonelife:20161116164313j:plain

はてなブログは、ユーザー登録すればすぐにブログが始められますよね。それは、既にサーバーがあってはてなブログというブログアプリがインストールされていて、ユーザー登録を条件に自由に使ってくださーいというのがはてなブログ。

WordPressでまずつまずいてしまうのが「サーバー」です。無料ブログしか使ったことのない人にはナンノコッチャわからんでしょう。

インターネット上にあるホームページやTwitter、Instagram、Amazonなどは、全てサーバーというiCloudのようなものに入っています。

そこに私達がスマホなどを使ってアクセスしています。

WordPressはそのiCloudのようなもの「サーバー」を自分で契約して借りなくてはなりません。

別で例えましょう。

あなたが、お店を開こうとしているとしましょう。

その際、何が必要か?そう、物件ですよね。

店舗になる物件を見つけて、その中に売り物をどんどん入れていく。

その物件こそがここでいう「サーバー」なのです。

ただ、実店舗のように物件が高い!という訳ではありません。

ネット上の物件、つまりサーバーは、安くて500円前後から借りることができます。もちろん、大きな物件になればなるほど、1000円~数万円になります。

はじめは500円~1000円程度の物件(サーバー)で大丈夫です。

物件を借りたら登記しましょう

f:id:iphonelife:20161116164352j:plain

 物件を借りたら住所登録をしましょう。つまり、ドメインの取得です。

ドメインとはURLのことです。当ブログでいうと、「guguru.hatenablog.jp」これがドメイン(住所)になります。

このドメインは、はてなブログがはてな使って住所つくっていいよーというので、無料でもらえます。

しかし、WordPressは違います。この住所を自分で用意しなくてはなりません。

難しいことはないです。お名前.comやムームードメイン、バリュードメインなど住所を取得できるサイトがあります。これは限られた業者が、ドメインの販売が許されています。市役所に近いものですかね。

こういったサイトで好きな住所を取得します。aaa.com aaa.jpなど。

おすすめは「.jp」次に「.com」

住所は1個しか存在しないため、既に取得されている住所もたくさんあるので、いろいろ検索をかけてみましょう。

そして住所を取得し、自動でネット上の法務局のような場所に登記されます。

これで準備は完了です!

ドメインとサーバーを繋げたらWordPressをFTPソフトでインストール!

住所を取得すると、その物件の住所として正式に紐付けられます。

(ドメインとサーバーつなげる方法はぐぐってね)

そうすると、物件内(サーバー内)にその住所が記されたフォルダが作成されるので、そこにWordPressをインストールして、初期設定を終えることでやっと使うことができます。

まとめ

f:id:iphonelife:20161116164505j:plain

挫折して読むのをやめた人もいるかもしれませんが、結論WordPressというのは、自分でネット上に物件(サーバー)と住所(ドメイン)を用意したらインストールできるホームページ、ブログ運営アプリです。

WordPressはてなブログというサービス名ではありません。1つのアプリ、ツールの名称ですので勘違いしないようにしましょう。

WordPressは登録すれば使えるのか?という質問もそもそも間違っています。

WordPressはサービス名ではなく自分でインストールするアプリなので、使いたければ物件(サーバー)と住所(ドメイン)を用意した上で、自分でインストールすれば使えるものです。

※サーバーによってはWordPressの自動インストール機能が付いている場合もあります。

なんで、そんな高機能なものをぐぐる!は使わないの?と思うかもしれません。

面倒くさいだけです。(笑

気まぐれでやるので、サーバー管理とか面倒ですし、その他もろもろはてなブログProで、つまり金で解決しているっていうだけなんですよね。

本気でサイトを立ち上げる気になったらWordPressつかいまーす。(仕事では腐るほど使っているけどね。)

 

guguru.hatenablog.jp

 

広告を非表示にする